アンリオ

並べ替えとフィルター

創業1808年以来、一貫して家族の名前を冠してシャンパーニュを作り続けてきたアンリオ家。「家族の名前を汚すようなシャンパーニュはつくらない」という覚悟と、自負の下、ブドウ栽培のノウハウやアッサンブラージュの技術、長期熟成へのこだわりは、父から子へと受け継がれ、品質を磨き続けてきました。

その大きな転機となったのが、19世紀末の当主 ポール・アンリオと、マリー・マルゲの結婚。マルゲ家がシュイィの最良の畑を所有しており、「貴重な嫁入り道具」として、アンリオ家に寄贈したことから、品質が大きく伸びました。現在のロゴマークは、アンリオ家のHとマルゲ家のMが組み合わされています。

上述のシュイィをはじめコート・デ・ブランのシャルドネと、モンターニュ・ド・ランスの北向き斜面のピノ・ノワールの品質にこだわり、スタンダードキュヴェでも格付け率が95% 以上。ブレンドにおいては複数ヴィンテージのリザーヴワインを35〜40% 使用。3〜4年の瓶熟と、例外的なこだわりがワイン造りに反映されています。 「エレガント、洗練、レースのような繊細さ」とシャンパーニュの真髄を感じさせるスタイルで、現在ではヨーロッパ諸国の皇室御用達シャンパーニュとなっています。上質を知る人の、上質な時間を演出するシャンパーニュ。