ジャン・ルイ・ヴェルニョン

並べ替えとフィルター

J.L. Vergnon

ジャン・ルイ・ヴェルニョン はグラン・クリュのメニル・シュール・オジェ村に位置しており、畑はメニルを中心に計5.3haを所有しています。2002年に当主となったクリストフ・コンスタンが栽培・醸造の根本的な改革を行うことで、年々目覚ましい発展を遂げている大注目のRM生産者です。

メニルのシャンパーニュの多くは鋭く厳しい酸と細く硬いミネラルを持ち、飲み頃を迎えるまで時間がかかるため、通常は酸を柔らかくするマロラクティック発酵を行います。しかし、ヴェルニョンのシャンパーニュはメニルの個性を生かすためマロラクティック発酵を一切行わず鋭い酸と硬いミネラルを最大限に引き出します。それでいてそれらに負けないだけの豊かな果実味を持つ驚くほどの熟度のブドウを育てることができるクリストフならではの手法です。そのようにして造られるシャンパーニュはメニルの魅力が見事に詰まった、若い内から楽しめるシャンパーニュです。