2021 VDF ブラン・ド・シェーヴル / ル・クロ・デュ・チュ=ブッフ

Wine Library

¥5,500 - ポイント

税込み送料は購入時に計算されます

¥22,000以上のご注文で通常送料無料

完売

*在庫について

業務販売と在庫を共有しているため、タイミングにより、ご注文後に品切れが判明する場合があります。この場合、当社から別途メールにをお送りします。

祇園祭に伴う配送の遅延の可能性がございます。
期間:
7月9日〜7月24日

7月限定特別クーポン

決済画面でクーポンコードをご入力ください

各種お一人様一回限り!

商品名(原語) Le Brin de Chevre
タイプ

白ワイン / 750ml

産地 France / Loire
生産者名 Le Clos du Tue-Boeuf
生産年 2021
ぶどう品種 Menu Pineau 
輸入元 ラシーヌ

 


 Le Clos du Tue-Boeuf


1996年にビオロジック栽培と、亜硫酸塩無添加醸造を開始し、今や堂々ヴァン・ナチュールの重鎮と畏敬される生産者。ドメーヌを運営するのはティエリーとジャン=マリのピュズラ兄弟の家系は15世紀からクロ・デュ・チュ=ブッフを所有しています。
クロ・デュ・チュ=ブッフのワインは当時、王室でも楽しまれるほどの偉大なもので、16世紀には国王フランソワⅠ世と王女クロードが、特に入念に管理したという記録が残る、由緒ある畑であります。

畑には施肥も数年に一度にとどめ、40hl/haを上限とする低収穫を徹底。彼のワインは、若いうちから気取らず近づきやすいが、熟成を経て次々に現れる味わいは、“驚異のピュズラ・ワールド”と呼ばれる独自の世界を持ちます。

2010年以降のヴィンテージではさらに心機一転し、しっかりとした格調と気品、みずみずしさと緊張感を、ドメーヌものだけでなくネゴシアン・ワインにさえ表現してきました。
2014年にはそのネゴシアンを09年よりともに運営してきた、ピエール・オリヴィエ・ボノムに譲った頃からイタリア、スペイン、ジョージアの友人の造り手たちのワインを、フランスへと輸入することも始めました。
2019年には兄のジャン=マリが引退し、ティエリーの二人の娘がワイナリーの運営に参画しています。

Le Brin de Chevre

ワイナリー設立当初から、ピュゼラ兄弟が力を入れる、ロワールの地品種ムニュ・ピノ。
酸が高いがしっとりとした濃厚なテクスチャーで、果実味や花の香りは控えめで、繊細な澱っぽさ、土壌由来の硬質なミネラル感を感じる。

2019VTからトゥーレーヌのAOCを名乗るのをやめVdFとしてリリースされている。

お得な情報やクーポンを受け取れるライン登録はこちら!

今ともだち登録で1000円offのクーポンを受け取れます!

友だち追加