ル・クロ・デュ・チュ=ブッフ

並べ替えとフィルター

Le Clos du Tue-Boeuf


1996年にビオロジック栽培と、亜硫酸塩無添加醸造を開始し、今や堂々ヴァン・ナチュールの重鎮と畏敬される生産者。ドメーヌを運営するのはティエリーとジャン=マリのピュズラ兄弟の家系は15世紀からクロ・デュ・チュ=ブッフを所有しています。
クロ・デュ・チュ=ブッフのワインは当時、王室でも楽しまれるほどの偉大なもので、16世紀には国王フランソワⅠ世と王女クロードが、特に入念に管理したという記録が残る、由緒ある畑であります。

畑には施肥も数年に一度にとどめ、40hl/haを上限とする低収穫を徹底。彼のワインは、若いうちから気取らず近づきやすいが、熟成を経て次々に現れる味わいは、“驚異のピュズラ・ワールド”と呼ばれる独自の世界を持ちます。

2010年以降のヴィンテージではさらに心機一転し、しっかりとした格調と気品、みずみずしさと緊張感を、ドメーヌものだけでなくネゴシアン・ワインにさえ表現してきました。
2014年にはそのネゴシアンを09年よりともに運営してきた、ピエール・オリヴィエ・ボノムに譲った頃からイタリア、スペイン、ジョージアの友人の造り手たちのワインを、フランスへと輸入することも始めました。
2019年には兄のジャン=マリが引退し、ティエリーの二人の娘がワイナリーの運営に参画しています。