ファブリス・ヴィゴ

並べ替えとフィルター

 Fabrice Vigot

テロワールを忠実に表現し圧倒的な低収量による深みのある余韻を生み出す「ブルゴーニュのライジング・スター」

1990年に当主となったファブリス氏が栽培から醸造までを一切取り仕切る「期待の新星」と呼ばれるヴィゴ家。若くしてドメーヌを継いだファブリス氏に、「伝説の醸造家」、「ワインの神様」と言われるアンリ・ジャイエ氏がアドバイスを行い、熟した果実の生き生きとした生命とヴォーヌ・ロマネ村のテロワールを素直に生かしたワイン造りを行うようになりました。
90年代前半に、ジャイエ氏の指導で、「テロワールに忠実で、自然な造り」を目指した栽培や醸造の大改革を行ってから、15年以上の時を経て、2010年ヴィンテージ以降の彼のワインは、エレガントで大地のエネルギーをも感じさせる雄大なワインとなり、今や多くの識者から「若かりし頃のジャイエのワインのよう」と言われるほどに高く評価されています。