モーリス・ショパン

並べ替えとフィルター

独自の手法で伝統的なドメーヌに新たな風をもたらす

ヴァレ・ド ・ラ・マルヌにあるダムリーで長きに渡りシャンパーニュ造りに従事しているモーリス・ショパンの7代目になる若き当主バンジャマン ・ショパンはアンフォラの活用などの独特のシャンパーニュ 造りを目指し、自然的な手法を用います。

リューディの表現を常に心がけており、そのために無濾過・無清澄での瓶詰めを行います。生物多様性に基づく環境認証であるHVEにおいても最高レベルのレベル3を取得しており、生物に対してのリスペクトを持ち、新世代の感性を最大限に表現したシャンパーニュを造ります。

造られるシャンパーニュにはブドウ本来の旨味が染み渡る柔らかく角のないテクスチャーがあり、柔らかくも芯のある力強さを兼ね備えた個性的なバランスを持ちます。

新進気鋭の自然派シャンパーニュを牽引する存在

ヴァレ・ド ・ラ・マルヌはマルヌ川とその支流に沿って8000haに渡って葡萄畑が入り組んでいます。この長く伸びた地域には、様々なテロワールが混在しており、シャンパーニュの中でも特に個性豊かなワインが生産されています。

近年のグロワー・シャンパーニュのブームにより、生産者たちはさらに個性豊かなスタイルを追い求める風潮にあります。過去に類を見ないほどのシャンパーニュのブームの中でモーリス・ショパンは流行だけでなく、より美味しいシャンパーニュを追い求めた改革を続けており、そのクオリティは自信を持ってお勧めできます。

自然派シャンパーニュの新時代に移りゆく中で、カゼ・ティヴォやエミリアン・フヌイユなどと並び時代を牽引することになるであろう生産者だと言えます❗️