リドルフィ

並べ替えとフィルター

最高峰ブルネッロを知り尽くしたエキスパート

ワイナリー《リドルフィ》の旧所有者は、フィレンツェの貴族リドルフィ家。2011年にオーナーが変わり、2014年に着任した醸造責任者ジャンニ・マッカーリのもと、際立って繊細優美なブルネッロを生み出し、初作2014VTからワインジャーナリズムで絶賛を博しました。早くもブルネッロの中で特別な生産者となりました。

ジャンニ・マッカーリは、ポッジョ・ディ・ソットとサリクッティという別格のワイナリーで延べ25年間ブルネッロ造りに携わったエキスパートです。その間、ポッジョ・ディ・ソットではジューリオ・ガンベッリの薫陶を受けながら醸造責任者の大任をも果たし、サリクッティでは化学出身の理知的なオーナーのもとで、優雅で洗練されたブルネッロ造りに貢献。リドルフィの醸造責任者としては、就任直後から畑をビオロジック栽培に転換し、セラーも機能と衛生面向上のため全面的にリノベーションを実施。モンタルチーノ以外に、少量ながら硬質純良なキアンティ・フィオレンティーノも生産しています。

自然的アプローチによるエレガント・ブルネッロ

自然酵母で、ステンレスタンク発酵。ワインは、フレンチ・オークとスラヴォニアン・オークの両原材を用いた樽に移した後、大樽で熟成。キアンティを含めてジャンニの手がけるサンジョヴェーゼには、いずれも果実味の透明感があり、特にブルネッロに備わる例外的なまでの澄明軽快な果実味には、酸味と塩味が加わり、高い次元で微妙なバランスを実現しています。上質なブルゴーニュワインに通ずる透き通るようなエレガンスを備えており、繊細な感性と近代醸造技術への深い理解を感じるワインです。