ジョルジュ・ノエラ

並べ替えとフィルター

若干18歳で名門の当主へ

ブルゴーニュで屈指の銘醸畑の数々を所有する名門ノエラ家。ブルゴーニュワインを語る上で外すことのできない名家の血筋を引くドメーヌの一つがジョルジュ・ノエラです。以前はルイ・ジャド、ジョセフ・ドルーアン、そしてルロワなどのネゴシアンにワインを供給しておりほぼ市場に出回ることがなかったドメーヌですが、2010年に18歳の若さでドメーヌを引き継ぐと、本格的にドメーヌで元詰めしリリースすることを開始。そしてマキシムのワインは初年ヴィンテージから評論誌に衝撃を与え瞬く間にスター街道を駆け上がって行きました。

詰まった果実味が主体のしなやかなスタイル

ドメーヌを引き継ぐまで、マキシムはエマニュエル・ルジェ、グロ・フレールといった素晴らしいドメーヌでワイン造りを学びました。ジョルジュ・ノエラでは、高樹齢の区画を多く所有し、高い除梗率と低温浸漬から来る純度の高い果実味を備えた凝縮感のあるスタイルのワインを作っており、特にルジェのスタイルの片鱗を見ることができます。