イザベル・フェランド

並べ替えとフィルター

アンリ・ボノーで修行を積んだローヌのトップ・ドメーヌ

当主イザベルは大手銀行クレディ・アグリコルでワイン生産者への融資を担当していた関係から、多くの生産者と知り合う機会に恵まれ、生産者との交流を通じてワインのテイスティングやワイン造りを学び始めました。そしてワイン造りへの情熱から、ワインメーカーへの転身を決意、農業学校に通い見習いワインメーカーとしてのキャリアをスタートさせました。特に親交の深かったシャトーヌフ・デュ・パプのトップドメーヌ、アンリ・ボノーのもとで修行を行い、故郷に程近い同地にあったサン・プレフェールというドメーヌを取得し復興させることで自身のドメーヌを持つこととなります。2022年には娘の参画を機に、満を持してドメーヌ名をファミーユ・イザベル・フェランドへ変更。家族が一丸となって更なる新たな挑戦へ一歩踏み出す決意を表しています。

世界中を席巻した評論誌での輝かしい絶賛の数々

イザベルが自身のドメーヌでワインをリリースするのは2003年と比較的最近のことです。ファーストヴィンテージとなった2003年は瞬く間に話題となりリリースの年に一気にローヌのスタートなります。そしてさらに世界を驚かすこととなった2007ヴィンテージのリリースではロバート・パーカーが「将来伝説となる」、「完璧なワイン」とこれ以上ない最高の言葉とともに100点満点評価をつけました。2010年に再び100点を獲得し、ローヌ最高のドメーヌとしての地位を確実なものとしました。