ランスロ・ピエンヌ / Lancelot Pienne

並べ替えとフィルター

点在する畑の深い理解によってグランクリュ・クラマンの個性を見事に映し出すソレラシステムで貯蔵されたリザーヴワインを巧みに綾なす職人的醸造家

 

クラマンのテロワールを見事に表現

ランスロ・ピエンヌのラインアップはクラマンのシャルドネをメインに使用しており、最上のクラマンとして堪能することができる。恵まれた日照量によって生まれる柔らかく豊かな果実味と、力強くゆったりとしたミネラルが共存することで味わいの広がりが大きく、クリーミーな質感を持つことがクラマンの特徴と言われており、その全てが見事にボトルに込められている。創始者であるジャン・バティスト・ランスロ はもともとこの地のブドウの栽培化であり、その歴史は120年前に遡る。ワイン造りに対する彼の情熱は代々脈々と受け継がれ、2005からはジル・ランスロが4代目としてドメーヌの指揮をとっている。彼は点在する所有畑を細かに丁寧に理解し、より深いテロワールの表現を目指している。その一つ一つの仕事に表れる緻密さと精巧さは、まさに職人的と表現するにふさわしい。

リザーヴワインから生まれる唯一無二の複雑さと高い評価

リザーヴワインの貯蔵にはソレラシステムを使用しているため、ブレンドには1995年からのものが贅沢に使われている。この彼の取り組みから、唯一無二の複雑さとストラクチャーを持ち、はっきりと個性が溢れる魅力的なシャンパーニュが完成する。彼の取り組みは徐々に成功へと繋がり、理想的なクラマンのブラン・ド ・ブランを生み出すと数々の評論誌で絶賛されるようになって久しい。ワイン評論家ロバート・パーカーは「複雑なクラマンのテロワールを大変見事に表現している」「エレガントで引き締まっており、緻密で精巧なシャンパーニュ」と評している。すでに次世代を担うシャンパーニュ屈指の造り手として世界中が目を離すことのできない、要注目の生産者となっている。