ケリー・フォックス・ワインズ

並べ替えとフィルター

テキサスA&M大学とオレゴン州立大学で生物学と生化学を学んでいたケリー・フォックスは、博士課題を修了する前からワイン造りの道を選ぶことを決意していました。ワイン造りについては、教科書からではなく、オレゴンの熟練生産者たちの元でノウハウを習得しました。トリイ・モア・ワイナリー、ハーマッハー・ワインズ、そしてオレゴン最上のピノ・ノワールとして名高いジ・アイリー・ヴァインヤードの故デイヴィッド・レット氏から決定的な影響を受けています。

2007年から自身のワインを作りながら、2005年から2015年までは、スコット・ポール・ワインズで醸造長として、働いていました。メオ・カミュゼの現当主ジャン・ニコラ・メオによるオレゴンでのワイン造りプロジェクトでも栽培に関わり、ニコラ氏本人から支持を受けています。

何ごとも決まりきった慣習通りには行わず、栽培でも過度の凝縮感は求めず、醸造では舌と感覚を頼りに判断をしワインを手掛けます。エレガントなワインができやすいと言われる、ダンディー・ヒルズの中でも特に、ケリーの手にかかるとピノ・ノワールは、ひときわ伸びやかで、優雅なワインへと生まれ変わります。