パトリック・ピウズ

並べ替えとフィルター

Patrick Piuze

各国での経験を豊富な経験を生かした「シャブリのエキスパート」

patrick piuze パトリック・ピウズ

カナダ出身のパトリック・ピウズが18歳の時、スキーでカナダに訪れていたマーク・シャプティエと運命的な出会いをし、紹介されたオーストラリアのマウント・ランギで最初にワイン造りを学びました。その後、南アフリカ、イスラエルと幾つかのワイナリーで働き、2000 年にブルゴーニュへ旅立ち、知り合いの紹介でオリヴィエ・ルフレーヴのシャブリのワイン造りを任されます。

2008 年に自身のメゾンを設立。パトリックは畑をもたずに、ブドウ栽培家の相談役として強い影響力と信頼関係を築き長期パートナーシップを結んでいる。パトリック・ピウズは、高樹齢によるシャブリの真の個性とその幅広いテロワールを明確にしたシャブリを世に送り続けています。

ジェームズ・ハリデーは彼のワインを「驚きの透明感とまるでナイフのような口当たり」と評価しています。